忍者ブログ
「日朝友好学生の会」は、日本人と在日朝鮮人の学生が中心となり、過去の不幸な歴史と向き合いながら、フィールドワークや学習会などさまざまな日朝友好運動を展開しています☆
Calendar
<< 2017/11 >>
SMTWTFS
1 234
5678 91011
12131415 161718
19202122 232425
26272829 30
Recent Entry
Recent Comment
Category
30   29   28   27   26   25   24   23   22   21   20  
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

日朝九州では12月13日(日)に九州大学 箱崎キャンパス 箱崎理系地区 21世紀交流プラザ1講義室A B にて、映画『ヒロシマ・ピョンヤン 棄てられた被爆者』上映会、伊藤孝司監督のトークショー、意見交換を行いました。

日はあいにくの雨でしたが、学生からデイサービスに通う1世のハルモニ、ハラボジと20代から70代と幅広い世代の方々、25人に来ていただきました。

tyunngunn.jpg映画『ヒロシマ・ピョンヤン 棄てられた被爆者』は、離れて暮らす李桂先さん親子を通して明らかになる在朝被爆者の存在、被爆者支援もありながら日本政府からは未だに実現していない被爆者への保障、日朝国交正常化を願いながら時間だけが経つ現実を監督が伝えてくれています。
上映中にハ
ルモニたちの中から頷く声や姿がありました。



トークショーでは、監督が感じたことを写真とともにお話いただき、
意見交換では、9歳の時に長崎で被爆した体験をもとに話をしてくださった男性、
訪朝経験があり当時を思い出しながら話す男性、
学生は自身が感じる身近な問題をもとに積極的に参加してくれまし
た。

この映画、そして伊藤監督から学ぶことはたくさんあり、
今回の上映会では被爆者である自身の現状を話してくださる方もいて、とても勉強になりました。

bd2452d7.jpeg日朝九州にとっては2009年最後の活動を無事終えることができました。

伊藤監督、日朝全国のスタッフ、来ていただいたみなさま、
関わっていただいたみなさま、本当にありがとうございました。
 

PR

コメント
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
トラックバック
この記事にトラックバックする →
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
日朝友好学生の会について
HN:
日朝友好学生の会
性別:
非公開
おすすめ本・DVD
電話占い
今日占い 昨日カウンター

ジオターゲティング
バーコード
ブログ内検索
フリーエリア
アクセス解析
Template & Icon by kura07 / Photo by Abundant Shine
Powered by [PR]
/ 忍者ブログ