忍者ブログ
「日朝友好学生の会」は、日本人と在日朝鮮人の学生が中心となり、過去の不幸な歴史と向き合いながら、フィールドワークや学習会などさまざまな日朝友好運動を展開しています☆
Calendar
<< 2017/10 >>
SMTWTFS
1234 567
891011 121314
15161718 192021
22232425 262728
293031
Recent Entry
Recent Comment
Category
1   2   3  
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 いろいろ悩ましい出来事が多すぎて意気消沈してしまいそうな日々ですが・・・
「国家間」がぴりぴりしているときこそ、民衆が手をつながなくてはね!
「脅威」なんて言葉に踊らされずに、いま必要なことは何か?を考えて若者は活動しています!

そんなわけで、暗くなりがちな気分を少しでも明るくするために!今日はいいニュースをお知らせします♪

日朝友好愛知学生の会の今年度の活動の実績が、
 
在日朝鮮人歴史・人権月間全国実行委員会による2010年「歴史人権奨励賞」の優秀賞に選ばれました!


在日朝鮮人歴史・人権月間奨励賞とは、
21世紀を担うこれからの日本と在日の世代が過去の在日の歴史と現在の国際的な人権の趨勢を学ぶための、さまざまな活動を奨励します。
在日朝鮮人歴史・人権月間の趣旨にそった活動のうち、著しい成果を上げた青年学生団体に対して奨励賞を表彰します。
a.在日朝鮮人の過去の歴史に関する内容を正しく学び、知らせる活動
b.国際的な人権規範に基づく在日朝鮮人の権利擁護活動で、できるだけ2010年のテーマに関連するもの。


そんなわけで、11月12日に京都教育文化センターで行われた表彰式と活動報告、まとめの会に参加して、
わたしたちの2010年前期の活動報告や、取り上げられた新聞記事などを紹介しました~。
 


おなじく受賞した同志社大学KOREA文化研究会と強制連行真相究明サークルの報告に大いに刺激を受け、
これからも愛知で(小さいながらも地道に!)活動を続けていくエネルギーをもらいました!

詳しい当日の様子は・・・
平和フォーラム

朝鮮新報


今回優秀賞を受賞した同志社大学KOREA文化研究会主催の日朝関係史講座がタイミングよく開催されていたので、まとめの会終了後に同志社に向かい、日朝関係史講座(テーマ:尹東柱のいたころの同志社)に参加しました。
尹東柱がいたころ(1942~1943)の同志社大学は空気を読みまくって翼賛の方針に転換していた、という話だったのですが、同志社に限らず空気を読むことや世間の圧力に屈することを是とする風潮はぜんぜん過去の話になっていない現在進行形の話だよなぁ、とつくづく思ったのでした。

その後、留学同京都、日朝友好学生の会@京都のメンバーとともに伝説の「喫茶モナミ」で食事しました!
枕みたいに大きなオムライスを食べ(名物クリームフィッシュはまた今度食べに行きます~。)腹ごしらえをすませ、居酒屋に移動して深夜3時までしょうもない話(ときどき大事な話)をして、メンバー同士の交流も深めました♪

土曜日は立命館で開催された「南北コリアと日本のともだち展」を・・・二日酔い状態で・・・見に行ったのだけど、子どもたちの絵が本当によかった~!ひとりでも多くの人に見て欲しいので今後愛知でもやりたいと思います。

今回は24時間の滞在にもかかわらず盛りだくさんの京都訪問でした!お相手してくださったみなさんコマッスミダ~★

わたしたちのやっていることはほんとに小さなことだし、圧倒的な「空気」で吹き飛ばされそうになることもあるけれど、
空気を読まない(読んであえて「読まない行動」をおこす)ことを続けて行きたいですね~。

(さつき)

あなたのおこなう行動が、 ほとんど無意味だとしても、 それでもあなたは、それをやらなければなりません。 それは世界を変えるためにではなく、 あなたが世界によって変えられないようにするためにです。
―ムハトマ・ガンジー
PR
 

やってまいりました!名古屋市立大学祭!!たくさん売ってやるぞー!!!
朝は留学同2回生のリチャンが、手伝えない代わりにとわざわざ荷物運びのために瀬戸から車を出してくれました。その恩恵は忘れません!
早速手作り感丸出しの看板をぶら下げ、下ごしらえ開始。学祭実行委員に渡された手袋は隅っこに追いやられたまま。大丈夫か?笑
ニンジンらしきものを切っているのは留学同4年のチャンムン。男の腕前を見せつけています。


試作会同様に、用意した具材や調味料をアバウトに入れていき、後は煮込むだけ。それでもなぜか、日朝愛知はマズいトッポッキを作れないのが不思議よねー。ふたを開けた瞬間…
 
キター!この何とも言えない朝鮮人らしい香り!左隣のサークルさんがホットケーキ売ってたんですけど、メープルの香りなんかふっ飛ばしましたよ。はたまた右隣にいた金魚たちは、この香りにやられてさぞかし腹を空かせたはず。
 

味見を終えた一行は、早速販売開始!「トッポッキいかがですかー」「おいしいですよー」
うむ、普通だなぁ。もっとカッコイイ言葉はないかなぁ。
「寒い冬には甘辛のトッポッキ!あったまるよー!」
おっ、いいぞ!お客さん来ました。高校生から車いすに乗ったおばあちゃんまでおいしそうに食べてくれます。その姿を見るだけで、自然とやる気が増してきます。
あれ?気が付いたらトッポッキ用の長細いお餅が足りない…急遽さつきさんに、自宅にあるストック分を自転車で取りに行ってもらい、なんとか閉店までトッポッキを販売することができました。
1回生のソンファも、人数が少ない中でずっと調理を手伝うなど、本当によく働いてくれました。コマッスムニダ!
 
 
 
 
 
お客さんに気前よく商品を手渡しているのは、名市大学生のしんさんと留学同2回生のヨンボン。寒いのに薄手でがんばっています。
ところで、実をいうと、今回新たに取っておきの秘策を用意していました。さつきさんが提供してくれたゆず茶のもとで、満腹の方にもお勧めのゆず茶を同時販売したのです。そしたらかなりの高評価+100円という安さの影響で、瓶の中が空っぽになるまで売れました。さつき氏に万歳!!
 
 
 
 

すっかり日も暮れ、幸運にもトッポッキが完売した時点で売り上げを集計。なんと、今までの赤字を埋めても利益が出るほどの大健闘でした!みなさん本当にスゴハショッスムニダ!!

でも今回の最大の目標は、できる限り多くの方に日朝な活動を知っていただくこと。お店に寄ってくださった方全員に活動紹介のビラを配りました。まだ新たにアクセスがあったとの報告は聞いていませんが、これからの活動により一層力を入れるためにも、たくさんの方に興味を持っていただけるよう宣伝したいと思っています。全国の「日朝友好学生の会」メンバーのみなさん、朝鮮半島情勢は厳しさを増す一方ですが、これからもお互いに手を取り合ってがんばりましょう!!

 

そんお

 日朝メンバー一同は、来る11/6(土)に開催される名市大の大学祭に向け、今月28日にトッポッキ試作会を行いました。
ちなみにトッポッキとは、朝鮮のお餅をコチュジャンや砂糖を使って甘辛く煮たもので、本国では屋台の定番メニューとなっているほど親しまれている一品料理です。
さあ長いそでをまくり、いざ、朝鮮料理を作るぞ!与えられたレシピ通り、かなりアバウトな分量で調味料を鍋の中に放り込んでゆく…さらにトッポッキ用の細長い餅と、ニンジン、玉ねぎ、白髪ねぎ、キャベツを盛り、グツグツと煮込んでいったのでした。いったいどんな味に仕上がるのやら…心配で心配で鍋から目を離せません。
 

そして、ついに日朝愛知特製トッポッキが完成!(味はまったくもって保証できないが…)
 
 

おっ!なかなかいい感じに仕上がってるではないか。どれどれ、早速みんなで味見を…。

…う、美味い!まさかあのアバウトな味付けがここまで本場の味に近づいていたとは!これはそこら辺の韓国料理屋顔負けですよ!みんな熱さと辛さのあまり絶えずハフハフ言いながら、その冷え切った体を火照らしたのでした。


というわけで、日朝愛知では11/6(土)、名古屋市立大学・桜山キャンパスで開催される大学祭にて、トッポッキの店を出店いたします!我が日朝メンバーがおいしいトッポッキを皆さんに提供しますので、時間が空いていれば…いや、空いていなくても、このトッポッキを食べる時間さえあればぜひお越しください!一同心よりお待ちしております。
 9月1日(水)、日差しがこれでもかと肌を刺すような猛暑の中、「冤死同胞慰霊碑」建立62周年記念追慕祭と、韓国併合100年に関係する場所を2ヶ所訪れるFWに行ってきました。

 

まずは追慕祭の様子から。
会場にはたくさんの在日同胞のほかに、衆議院議員や名古屋市議会委員、また映画「ヒロシマ・ピョンヤン」を制作されたフォトジャーナリストの伊藤孝司氏も見えて、やおよそ1時間ほどにわたり行われました。
 
 

愛知朝高生と一緒に後ろのテントの中でご挨拶の言葉を聞く日朝メンバー。
しかし暑かった…。
 
式の中で「冤死同胞慰霊碑」管理委員会委員長の姜明求さんからのメッセージが読まれ、その中で姜さんは、異国の地で犠牲になった同胞たちを厳かに追慕し、これからも在日同胞の地位獲得運動を展開し続けていくべきであるということを語られました。
 
 
追慕祭が終わり、わが日朝メンバーは近くにある日清戦争「第一軍戦死者記念碑」を訪れました。
 
 
 
 
 
 
 
さつきさんが用意してくれた資料を参考に記念碑をみると、高さは22m、周りには本物の砲弾が並べられていたことに一同ビックリ!
碑にはラッパやサーベル、ツルハシ、歩兵銃などのレリーフが施されており、戦死者の追悼に加えて戦争に向け士気を高めるために建てられたと言われているそうです。
 
 
 
最後に一行は、1923年に関東大震災の混乱の中、社会運動家・アナキストの大杉栄、妻の伊藤野枝とともに虐殺された甥の橘宗一くんのお墓へ。
残念ながら写真はありませんが、平らな岩に英語でMr.M.Tachibanaと書かれた墓で、かなり目立っていました。しかし発見される前は雑草に覆われていて、たまたま通りかかった人が不思議に思いその中をのぞいたおかげで発見されたそうです。
この墓の場所を知っているとかなりマニアックだとか…笑
 
 
 
 
 
今回は本当に貴重なフィールドワークでした。自分たちの地元に韓国併合100年にかかわるものがこんなにあったことに気づくだけでもとても勉強になったと思います。また日朝メンバーでいろんなところに足を運べたらと思います!ありがとうございました!
 
PS:下記のサイトに韓国併合100年の歴史にかかわる動画が見られますので、ぜひ覗いてみてください!
 
 
 
(そんお)


9月1日(水)に名古屋市覚王山の日泰寺で強制連行され命を奪われた方々を追悼する追慕祭が行われます。
追慕祭は毎年、碑の建立日の9月1日に行われています。
去年の様子はこちら→http://www1.korea-np.co.jp/sinboj/j-2009/01/0901j0914-00003.htm

日朝友好愛知学生の会では植民地支配から現在までの100年の朝鮮半島と日本の歴史を振り返り、北東アジアの平和を考える時間になればと、この日にあわせてフィールドワークをおこないます。
日泰寺には1923年に関東大震災の混乱の中、社会運動家・アナキストの大杉栄、妻の伊藤野枝とともに虐殺された甥(大杉の妹・あやめの子)の橘宗一くん(当時7歳)のお墓もあり、9月16日が命日なので、こちらにもお参りし、当時の社会主義運動家に対する国家の思想弾圧と朝鮮との関係を学びたいと思います。

1910年に起こった大逆事件では、多くの日本の社会主義者やアナキストたちが国家に弾圧され殺されました。当時、日露戦争から韓国併合の流れに反対する社会主義者たちは日帝にとって不都合な存在であり、弾圧の対象となったのです。
大杉栄は大逆事件当時、別件で収監されており、取調べを受けるも嫌疑不十分で不起訴となり難を逃れますが、関東大震災の混乱時に日ごろから社会主義者を国家の害虫だと考えていた憲兵隊大尉甘粕正彦によって虐殺されてしまいます・・・。

「韓国併合」から100年、大逆事件から100年、朝鮮と日本の友好や平和を願う人々、朝鮮人と日本人がともに近代の歴史を学ぶフィールドワークにぜひご参加ください。
連絡先→nicchoaichi@gmail.com
追慕祭は午前11時から正午までですので、橘宗一少年のお墓参りをしてもお昼すぎには解散できると思います。


ちなみに記事の上の写真は当日使う資料です。
手書きの味のある感じもたまにはいいかなぁと思ったので、中の文章は手書き。
どんな内容かは参加して確認してください★笑

(さつき)
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
日朝友好学生の会について
HN:
日朝友好学生の会
性別:
非公開
おすすめ本・DVD
電話占い
今日占い 昨日カウンター

ジオターゲティング
バーコード
ブログ内検索
フリーエリア
アクセス解析
Template & Icon by kura07 / Photo by Abundant Shine
Powered by [PR]
/ 忍者ブログ