忍者ブログ
「日朝友好学生の会」は、日本人と在日朝鮮人の学生が中心となり、過去の不幸な歴史と向き合いながら、フィールドワークや学習会などさまざまな日朝友好運動を展開しています☆
Calendar
<< 2017/08 >>
SMTWTFS
12 345
6789 101112
13141516 171819
20212223 242526
27282930 31
Recent Entry
Recent Comment
Category
35   33   32   34   31   30   29   28   27   26   25  
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今回は2月20日に行われた留学同京都65周年記念文化公演 ―길― (道)に参加してきました。

アリランの重唱、サムルノリ、演劇、舞踊、プンムルノリと非常に盛りだくさんな内容で、どれも素敵でした。
自分はサムルノリやプンムルノリのあの体中に響き渡る感じがすごく好きです。
 
arira.jpg 25329212_3956898562s.jpg
 buyou.gif
 punmuru.jpg

演劇の内容は、留学同に関わる在日朝鮮人学生の日常を描いたものでした。

今まで日本人として育てられてきたが、留学同と出会い、自身の民族性と向き合い始めた者、
さまざまな差別を経験し、子供を日本人として育てる親、
多くの葛藤を経て、民族名を名乗ることを決めた者、
同胞のために大学院に進学し、研究者を目指す者、
内定は決まったが、通名(日本名)に変えなければ就職できないと言われた者・・・

登場人物ひとりひとりが、重苦しい何かを背負っている。
 
 enngeki.gif

私は最初は「劇」として見ていたのですが、途中からそういう風に見れなくなりました。

これはきっと在日朝鮮人にとってはよくある現実のひとつなのだろうと。
彼ら・彼女らはずっと闘ってきた。

だからこそ今も朝鮮学校があり、民族名がある。
そうやって先人達は、今日へと続く「道」を築いてきた。
 
その闘いは今でも続いている。いつまで闘い続けなければならないのか?
そんな今の日本社会を、すごく悲しく思う。
 
でも、悲しんでたって何も始まらない。

劇は非常に現実的で重いものでしたが、そのあとの交流会でのみなさんのはしゃぎようは半端ないものでした。後半にはビンゴ大会もあり、会場は大盛り上がりで、「あんなに楽しんでいる姿は見たことない」、という人もいました。
 
留学同京都が結成されてから65年。
そこには常に重苦しい現実が付きまとってきた。それはもう終わらせなければならない。
日本社会も、この交流会のように、みんなが笑っていられるような場所にしていきたい。
そんな思いを胸に、これからも活動を頑張っていきたいと思います。
gassyou.gif




※公演の模様は以下のサイトでもとりあげられています!
 是非、チェックしてくださいませ~

●留学同京都結成65周年記念文化公演 「進んできた道」「進むべき道」示す(3月1日)
http://www1.korea-np.co.jp/sinboj/j-2010/01/1001j0301-00001.htm
 
●留学同京都結成65周年記念文化公演 20日に京都で(2月17日 ※事前紹介記事)
http://www1.korea-np.co.jp/sinboj/j-2010/06/1006j0217-00001.htm
 
PR

コメント
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
トラックバック
この記事にトラックバックする →
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
日朝友好学生の会について
HN:
日朝友好学生の会
性別:
非公開
おすすめ本・DVD
電話占い
今日占い 昨日カウンター

ジオターゲティング
バーコード
ブログ内検索
フリーエリア
アクセス解析
Template & Icon by kura07 / Photo by Abundant Shine
Powered by [PR]
/ 忍者ブログ