忍者ブログ
「日朝友好学生の会」は、日本人と在日朝鮮人の学生が中心となり、過去の不幸な歴史と向き合いながら、フィールドワークや学習会などさまざまな日朝友好運動を展開しています☆
Calendar
<< 2017/08 >>
SMTWTFS
12 345
6789 101112
13141516 171819
20212223 242526
27282930 31
Recent Entry
Recent Comment
Category
40   39   38   37   35   33   32   34   31   30   29  
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2870ce2a.jpeg 一ヶ月前になりますが、
記念すべき三月一日に「ある女学生の日記」を大阪の十三にある第七芸術劇場にて見てきました。
 
急な企画にもかかわらず、日本人学生7名、ダブル1名、朝鮮人学生1名が参加してくれましたc99c4381.gif
 

 
わたし自身、ずっと前から朝鮮民主主義人民共和国の映画を日本の劇場で
見てみたいと思っていましたので願ってもない機会でした!
 
 
「北朝鮮」といえば政治的な話にもってしまわれがちなのですが、よくよく考えてみれば、
なんでこれほど日々のニュースなどで取り上げられることが多い国なのに
映画のような文化的なものを目にすることがないのかなって思います。
 
 
宣伝文句ではしきりに「カンヌ映画祭上映作!!」といっていましたが、
実は朝鮮民主主義人民共和国とフランスって国交がないのですが、
それでも文化的な交流があるというのは「人とのつながりがある」ということなのもしれませんc631c75b.gif
 
 
 
映画は家族との絆や進路に悩む学生の等身大の姿が描かれていました。
また、この国に生きる人々の暮らしなどが垣間見れたように思います。
 
96ee4907.jpeg   fcd8f7d1.jpeg
 
 
映画をみたあとは、ちょっとした学習会と意見交換会をしました
 
やっぱり朝鮮映画を初めて見る人がほとんどだったので、
何かしらの違和感を感じた人もいたようで、いろんな感想が出てきました。

率直な意見が多くでたことは良かったですし、
今後もこういった文化的な交流から人間同士の交流をしていけたらと思います。
 
 
こういった草の根の人との交流が、いつか日朝の友好につながるんだろうなって期待しながら、
今年から大阪でもドンドン活動していきますよという言葉に変えさせて頂きます。。
 
 
 
、、、という決意を後輩に引きうけさせます笑


※ちなみに、この朝鮮映画祭は毎日新聞でもとりあげられましたl_BgtYwOIARU.gif
http://mainichi.jp/kansai/happy/news/20100305oog00m040014000c.html

(写真引用:朝鮮新報http://www1.korea-np.co.jp/sinboj/j-2007/06/0706j0615-00001.htm

上映していた第7芸術劇場のHPはコチラ⇒http://www.nanagei.com/movie/data/384a.html
PR

コメント
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
お疲れサマ!
実はこの日、日朝友好学生の会に初参加だった人が3人!!9人の参加者のうち3人ですよ☆いろんなきっかけ作りの必要性を感じました
2010-04-03 Sat 16:56
えりな
トラックバック
この記事にトラックバックする →
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
日朝友好学生の会について
HN:
日朝友好学生の会
性別:
非公開
おすすめ本・DVD
電話占い
今日占い 昨日カウンター

ジオターゲティング
バーコード
ブログ内検索
フリーエリア
アクセス解析
Template & Icon by kura07 / Photo by Abundant Shine
Powered by [PR]
/ 忍者ブログ