忍者ブログ
「日朝友好学生の会」は、日本人と在日朝鮮人の学生が中心となり、過去の不幸な歴史と向き合いながら、フィールドワークや学習会などさまざまな日朝友好運動を展開しています☆
Calendar
<< 2017/11 >>
SMTWTFS
1 234
5678 91011
12131415 161718
19202122 232425
26272829 30
Recent Entry
Recent Comment
Category
44   43   42   41   40   39   38   37   35   33   32  
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

こんにちは!

1ヶ月前のことですが、3月28日に参加しました、

「民族差別・外国人排斥に反対し、多民族共生社会をつくりだそう! 朝鮮学校への攻撃を許さない!3・28集会」についての報告をさせていただきます。

当日は少しどんよりした空模様で少し不安だったのですが、約900人の人たちが集まったようです。

円山公園の野外音楽堂では、市民団体、教授、弁護士さまざまな方々からのアピールが行われ、
その後、全員で京都市役所前まで街頭で行進を行いました。

(共同アピールには、日朝友好関西学生の会としても賛同しました5360183.gif
 デモには愛知や関東からきてくれたメンバーもいましたね☆)

昨年12月、在特会が京都朝鮮第一初級学校を襲撃し、
3月の初頭にも京都の在日高齢者施設のエルファにも襲撃予告を出すなど
(実際には街頭アピールを行うにとどまりました)、この差別的団体は活発に活動していますが、
こういう情勢の中で非常に重要な行動だったと思います。


ただ、ひとつ変わったことが・・・。
今回のデモ、何百人もの機動隊に囲まれながらの行進でした。
というのもこの集会に呼応して在特会もデモを企画しており、それとの衝突を懸念して措置がとられたのです。

というわけで、ものものしい機動隊に囲まれながら民族衣装を着て楽器を打ち鳴らすという、
なんとも異様な光景が京都の街中で見られることになりました。


そして、四条河原町交差点にて実際にあの方々が襲い掛かってきました。

僕は一番前で民族楽器のひとつ、プッをたたいていたのですが、
目の前に「youtubeで見たことある人」が機動隊の静止を押しのけんばかりの勢いで迫ってきました。

特別危険はなかったのですが、この人達の目の前でひるむことなくむしろより情熱的に、
民族衣装をまとって民族楽器を打ち鳴らせたことは、なかなかに爽快なものでした。

しかし同時に、街中で民族楽器をたたくことすらこんな危険が伴うのかと
ある種の絶望にも似た感情がわいてきたのも事実でした。

もしかしたらただのパレードさえ、機動隊に囲まれないとできないのかもしれませんね。

でもでも、絶望に浸ってばかりもおれません。

そんなだからこそこの日朝友好学生の会で、学生同士、
血の通った草の根からの活動を展開していきたいものです!


↓以下のサイトでも詳しくとりあげられています!!↓

京都新聞:http://www.kyoto-np.co.jp/article.php?mid=P20100328000121&genre=C4&area=K00
京都民報:http://www.kyoto-minpo.net/archives/2010/03/29/900_1.php
朝鮮新報:http://www1.korea-np.co.jp/sinboj/j-2010/03/1003j0329-00004.htm

 
PR

コメント
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
トラックバック
この記事にトラックバックする →
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
日朝友好学生の会について
HN:
日朝友好学生の会
性別:
非公開
おすすめ本・DVD
電話占い
今日占い 昨日カウンター

ジオターゲティング
バーコード
ブログ内検索
フリーエリア
アクセス解析
Template & Icon by kura07 / Photo by Abundant Shine
Powered by [PR]
/ 忍者ブログ