忍者ブログ
「日朝友好学生の会」は、日本人と在日朝鮮人の学生が中心となり、過去の不幸な歴史と向き合いながら、フィールドワークや学習会などさまざまな日朝友好運動を展開しています☆
Calendar
<< 2017/11 >>
SMTWTFS
1 234
5678 91011
12131415 161718
19202122 232425
26272829 30
Recent Entry
Recent Comment
Category
67   66   65   63   62   61   60   59   58   57   56  
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 7月31日に「韓国併合100年」東海行動実行委員会の主催する地下壕フィールドワークに、日朝友好愛知学生の会のメンバーで参加してきました!

【久々利地下壕の概要】
岐阜県可児市の南山・柿下山にある久々利地下壕は、総延長7015mにも及ぶ県下第二の規模の地下壕で、三菱航空機の33の地下工場のうち最大規模のものです。
1944年4月から地形や地質の調査が行われ、12月25日から大林組(大阪本社)の指揮のもと掘削工事が始まりました。1945年8月15日の敗戦により工事が中断された時、全体の70%、2万5110㎡が掘られており、工作機械164台が据え付けられ8日間試運転が行われていました。
日本国男子の徴兵、徴募による戦時下の労働力不足を、「土地調査事業」によって自主渡航を余儀なくされたり、強制的に連れてこられた朝鮮人や中国人によって補いました。あらゆる資源が不足し十分でない栄養状態の中、連日の過酷で危険な労働状況で多くの犠牲者が出たことが予想されます。

可児市郷土館で地下壕研究会の方から説明をしていただきました。
 
FWの数日前に岐阜県は豪雨で、道が崩れてしまったのでバスではなく徒歩で移動しました。
柿下山のそばには壕内部から掘削された岩の廃棄場所があり、小高い台地のようになっていました。
(指し示している方角にありましたが写ってません。笑)
 
 
 
壕の内部にはいります・・・。入り口からすでに湿気と冷気が漂っています。
 
 
 
入り口からほど近い部分は高さ4.5mと非常に大きな穴が掘られています。
暗いのでライトで照らしましたが湿気がすごく、くもっていて異様な雰囲気です。
 
 
おおきな横穴を掘る際には上から掘り下げる「二段堀り工法」が行われます。
通常は上の穴を掘り終わってから下段に掘り下げるのですが、この地下壕では若干中心点をずらしながらも上下同時に掘削するという非常に危険な方法がとられています。
(一歩間違えれば崩れてしまい下で作業している人が生き埋めになってしまいます。)
 
 
先に進めば進むほど高さが低くなり、1.5mほどの横穴が続きます。
地面は水とどろでぐちゃぐちゃ、頭上は尖った岩もありヘルメットなしではとても危険です。
みんなかがんだ状態で進みます。
 
 
とろこどころに釘が打ち込まれていたり、ダイナマイト用の小さな横穴などが残っていました。
 
 
トロッコ用の枕木があったり(足元の棒のようなもの)、当時の作業の様子が生々しく残されています。
 
こんなに長大な壕を短期間に人力で掘り進めることがいかに過酷な労働であったか・・・。
 
 
ライトがないと壕の中は真っ暗です。
 
 
日朝友好愛知学生の会のメンバーがNHKから取材を受けました。
どのような番組になるのでしょうか・・・。
 
 
1945年の敗戦時の状態で時が止まった地下壕の内部では、戦況が悪化していく中で焦り狂気の只中にある日本の状況が肌で感じられました。
ただでさえ敗戦直前の日本の状況は苦しいものであったのに、朝鮮人や中国人はさらに劣悪な環境の中で危険で無謀な工事に従事させられ、短期間の突貫工事であれだけ広大な地下壕を作ることは想像を絶する過酷さだったと思います。
日本の侵略戦争を肯定し戦争責任を放棄する人達は、実際にこのような過酷な労働に従事しても「強制連行はなかった」「あったとしても人数は僅かだった」などと言えるのでしょうか。
加害性を「記録がないこと」で正当化し、当事者がいなくなることで問題が風化することを望んでいても、「事実」がある限りその記憶は継承されます。もうすぐ敗戦から65年が経過しますが、地下壕は風化することなく「日本の植民地支配や戦争責任の事実」をわたしたちに示していました。
わたしたちも「事実」に向き合い、積み残された問題に対して真摯に取り組んでいかなくてはならないと改めて考えました。
今回の企画者の東海行動実行委員会のみなさんと、詳細な案内や解説をしてくださった地下壕研究会のみなさん、ほんとうに貴重な経験となりました。ありがとうございました!
 
(さつき)
PR

コメント
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
トラックバック
この記事にトラックバックする →
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
日朝友好学生の会について
HN:
日朝友好学生の会
性別:
非公開
おすすめ本・DVD
電話占い
今日占い 昨日カウンター

ジオターゲティング
バーコード
ブログ内検索
フリーエリア
アクセス解析
Template & Icon by kura07 / Photo by Abundant Shine
Powered by [PR]
/ 忍者ブログ